ありたい姿へ向かってビジネス開始!アドセンス副業からオフサラ(自立)目指し一人で地道に取り組む資産型趣味ブログ創造計画

会社を辞めずに副業で本業以上の収入を手に入れるために私が捨てた7つのこと

しんです。

遂に副業確定月収が本業手取り月収を越えました。

そこで今回は会社員として耐えながら働くあなたが今の状況を打破するために、私が副業で本業を上回るために行ってきた数々のチャレンジワークの中で最も効果の高かった断捨離のポイントを7つにまとめお話していきます。そして最後に「会社員の副業が本業を越えたときの心境」もお話したいと思います。

あなたの目指すありたい姿に近づくための自分ビジネスの気付き・キッカケになれば幸いです。

9月のネットビジネス確定総収益は401,924円

9月のアドセンス・物販・サービス系を含めたネットビジネス確定月収は401,924円でした。

ネットビジネスを始めてから1年と7ヶ月で40万の大台を越え初めて副業で本業の手取り月収を超えることができました。

なんだかあまり実感が湧きませんが、何度計算しても超えています。最近副業で目標を達成することが多くてお祝いばかりしていたので(笑)今回もちゃんとお祝いをしないといけないなと感じています(するんかいっ)。

また、今回本業超えを果たすことで今年の目標を無事達成することができました。一安心です。やっぱり書き初めしとけばよかった。

2016年「自分のビジネスを持つ」大きな流れに乗り遅れるな!

アドセンス収益は217,377円

20161007

運営している趣味ブログのアドセンス収益も遂に20万円台に到達しました。月収217,377円というのは2016年4年制大学卒都道府県別平均初任給ランキング1位の東京都が誇る「212,100円」よりも多い数字です。これはつまり都内に住む一人の新卒サラリーマンが毎月私のためにせっせと働いて給料を稼いでくれているのと同じです。

参考:平成26年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況 | 厚生労働省

私の行っている副業趣味ブログ運営の方向性が今のところ正しいものの1つなのだと証明できた気がして嬉しいです。極端な話もうアドセンスだけで生きていくことも可能です(そんなこと絶対やりませんが…)。うちの奥さんはこのアドセンス収益を見て「私がパートで働いていた頃の平均月収の3倍ぐらいだね…」と小さくつぶやきました。いや、数字ではないですよね。奥さん、あの時は家計をサポートしてくれてありがとう!これからもよろしく!

私が副業で本業を抜くことにこだわっていた本当の理由

私はずっと「副業で本業を抜く」ことにこだわっていました。

普通家庭持ちサラリーマンは簡単に会社を辞めることができません。これは多くの独り身でないサラリーマンが同じ気持ちだと思います。なぜなら会社給与以外に戦う武器を持たず会社を辞めたら生きてはいけないからです。つまり「養ってくれる人もいないし今まで必死に溜めてきた貯金を崩すなんて可能な限りしたくないし自分が倒れたらそれこそ我が家は終わりだ」という家計を支える大黒柱である多くの人たちはお金を得るために好き嫌い言ってる余裕もなく体を蝕みながら過労で倒れるまで働き続けないといけない状況にあります。

だから私は「会社を辞めて自由に好きなことで!」なんて無責任なことは言えない訳です。仮にあなたが綱渡りを好んで選ぶようなスリル好きな人だとしても、養う家族を露頭に迷わせて良いはずがありません。そのため私は頑張る会社員の明るい未来実現のためにどうしてもまず先に、自分が本業を続けながら副業で結果を出す必要がありました。

 

会社を止めてネットビジネス専業になってしまえば確かに時間は手に入りますが、フェアではありません。なぜなら人生変えたいけど慎重派で大きなリスクを取れないサラリーマンである私のようなあなたの再現性が全く無くなるからです。

因みに以前の私は「あくまで会社での現状収入を維持しつつ副業でのスタートとして仕事にできるネットビジネスはないか?」こんな気持ちで情報収集していましたから、あなたの気持ちはよく分かります。だからこそ副業で本業を抜くことができたことに今大きな喜びを感じています。ようやくこのブログの役割、生まれた理由、1つの使命を果たせたような気がしています。

ただのサラリーマンがインターネットビジネスの世界に飛び込みます!

 

ビジネスを通し人生を学ぶ姿勢を崩さないことが大切

会社に勤めながらインターネットを使い自分のビジネスを少しずつ少しずつ大きくしていく。

これは誰にでも可能なことです。ビジネスなんで決して甘くはありませんが、「自分の力でビジネスに関するあらゆることを学んでいく姿勢」はあなたの人生を強く生きるための「伝家の宝刀」となるのです。

だからこそ私は自分がこの世に生まれてきた意味を考え、辛い現状を打破する機会を伺いつつ、いつも人生がもっと面白くなるにはどうすればよいだろうか?と考えるあなたのような人が「持てるポテンシャルを存分に発揮できるインフラ」を整えたくて今まで小さな努力を毎日継続してきました。

努力は報われるということを信じて諦めないで頂きたかった。

そんな思いで私自身が今までに実行してきた「あなたが副業で本業収入を超えるために捨てるべきチャレンジワークの数々」をこれからお伝えしていきます。

副業で本業以上の収入を手に入れるために私が捨てた7つのこと

それではこれから私が副業で大きく稼ぎ本業を抜くために行ってきた数々の試みの中で特に効果の大きかった7つの断捨離をあなたに一つずつお伝えしていきます。人によって様々な断捨離があると思いますが、時間無い平凡サラリーマンである私にとって今からご紹介する7つのうちどれか1つでも欠けていたとしたら、恐らく現時点で目標を達成することはできなかったと思います。それほど強力なチャレンジワークを一気にまとめてみました。

それでは行ってみましょう。

①会社の付き合い

私は会社内の付き合いを捨てました。

これは本業収入を副業で超えるために真っ先にあなたが捨てるべき事です。

あなたも会社の付き合いで様々な行事に参加していたと思います。忘年会・新年会・お花見・BBQ・収穫祭・歓迎会・送別会・会社旅行・部署飲み・同期飲み・上司との食事・プライベートの付き合いなどなど…。

・・・はっきり言います。全て断って下さい。もうきっぱりと。

「なんだよあいつ付き合い悪いな」とか「情の欠片も無いやつだ」とか「社会人としての常識ないのか?」とか言われますが、全てあなたの人生の目的を達成するためのエールであり褒め言葉だと思って下さい。これから人生を変えようとしている緊急事態、正に真剣勝負だというのに会社の行事にあなたの大切な時間とエネルギーを使っている場合ではないのです。

大丈夫です。半年ぐらい断り続けていると次第に周りも慣れてきますし、お世話になった人の送別会などは個人的に飲むでも手紙を送るでも他に感謝の気持ちを伝える方法はいくらでもあります。

 

今まで惰性で参加してきた社内行事があなたの人生を変えるキッカケになったことはありますか?確かに何回かは人生の先輩方から良い話を聞くことができたかもしれませんが、その飲み会が毎日あったとして1年間参加し続けた時、あなたの人生はより良いものになっているでしょうか?正直、思考停止サラリーマンだけで構成される多くの社内行事が時間の投資ではなく浪費といえるものです。

会社飲みは下手すると二日酔いで次の日も潰してしまうことがあります。戦うサラリーマンが自分のビジネスで結果を出しにいくという時に二日酔いで活動時間を潰してしまうことほど愚行といえる行為は他に無いと思います。以前の私は三日酔いになるほど飲んでましたけどね。(笑)

情報収集という明確な目的があって自ら企画した飲みであればまだしも、会社員の飲み会といわれるものの多くが上司や会社への毎年全く進歩のない愚痴り合い罵り合い大会といえるもので、真の問題解決を無視し人を小馬鹿にしてほくそ笑むばかりのくだらない集まりといえるでしょう。そんな生産性0の付き合いはシビアに全て却下していきましょう。そう全てです。私は例外なく全て断り自分の人生を豊かにするための時間を確保していきました。

そうして資産を作ることができました。

②趣味・ガス抜きの時間

私は週末のガス抜き目的の趣味の時間を捨てました。

「このブログで趣味ブログを作れと言っておいてお前は一体何なんだ?」という声が聞こえてきそうですが、人生を変えるサラリーマンとしてまず週末の楽しみに使っていた「意識の低い時間」を捨てて下さい。楽しむのはまだまだ先です。あなたの人生はまだまだ長いのです。今目の前に置かれた「自分のビジネスを持ち強い経済基盤を構築し社会から自立する」という真の明確な課題から目を逸らし、いそいそと慰めの趣味に逃げている場合ではありません。

あなたが労力をかけて会社で溜めたストレスをガス抜きで容易に解消しないことが大切です。 せっかくあなたの魂が正直に教えてくれているフラストレーションメッセージに対して耳を塞いで見せかけだけのガス抜きして本来挑戦するべきことから逃げ続けていても根本が解決することは99.99%ありえません。

臭いものに蓋をしてばかりの日々を送ると将来不満だらけの生活を送ることになりますしいつか病気になるだけですから、真正面からあなたのフラストレーションメッセージに立ち向かってください。その不満や怒りはあなたを動かす大きな力となりますから。

 

あなたが目指すべき人物像は、本業を適当にやって趣味ばかりしている「釣りバカ日誌の浜ちゃん」ではありません。誰にも文句言われないぐらい本業をしっかりこなし、捻出した時間を使い自分の目指すべき理想の人生を実現させるために粘り強く副業をしていく「ネオ・浜ちゃん」を目指すことが大切です。

「あなたの好きなことや興味あることという才能の原石」を仕事のストレス発散のためのガス抜きになど使わないで下さい。もったいないです。趣味はあなたの感性の塊であり、趣味の中にこそライフワーク発見のヒントがあり本来なら真摯に取り組むべきことです。気の抜けた気持ちで取り組む趣味など本来老人のものといえるでしょう。

「無趣味のすすめ」村上龍・著でもそう書かれています。

趣味を趣味としてゆっくり楽しむのは結果を出し目的を達成した後です。勇者の帰還後です。それまでは今まで余暇に使っていた時間をすべてビジネスに向けましょう。そうでもしないと本業に縛られるサラリーマンは副業に専念する時間など生み出せないはずです。

ただしブログ書きのネタとして行う趣味ならば投資の時間といえるでしょう。目的意識を持って積極的に行って下さい。そして自分の手掛けたビジネスの収益力が上がってくると、その投資の時間が大きな意味を持つようになります。まさにお金と時間の好循環の誕生です。それまでの辛抱です。

③通勤時間

私は通勤時間を捨てました。

私は会社近くの駅近物件に引っ越すことで通勤時間を副業作業時間へと変えました。ビジネスに集中していくと、都内に行く機会が凄く増えます。セミナーや懇親会、イベントやブログネタ収集などですね。だから駅から近いところに住むことは大きいです。会社の近くはオフィス街なので家賃も少々高いのですが、そこは将来への投資と割り切りました。そして結果的に何倍にもなって返ってきました。

もう電車に揺られゾンビのように時間を浪費することは止めましょう。同じく車通勤で信号や渋滞に捕まりゾンビのように時間を浪費することも止めましょう。

日本のサラリーマンの平均通勤時間は片道1時間です。持ち家なら仕方ありませんが、ここに疑問を抱かず毎日2時間もの貴重な生命の雫を失っていることに危機感を持って下さい。

サラリーマンアンケート!通勤と昼休み時間や切り売り意識

2時間もあれば内容にもよりますがリサーチしながら1500~2000文字前後の記事を1記事書くことが可能です。でも満員電車内や車内では記事を書くことはできませんよね。私は以前、車運転中に今日の記事書きの骨格作り用として自分の音声を録音していましたが、そちらに集中しすぎて事故を起こしそうになりました。(笑)危ないので運転中は余計なことをしないようにしましょう。

このように通勤時間をはじめ少しでもサラリーマンの一般的な固定時間を削ってサイドビジネスに充てる時間の量を増やして下さい。量は質へと変化しますから。

④大きな固定費

わたしは大きな固定費を捨てました。

具体的に言うと「車」と「大手キャリア通信料」です。自らの経済状況を好転させたいのならまず家計の固定費にメスを入れるべきです。我が家の固定費は大きなもの順で家賃、食費、車関係費、通信費でした。そのうち今すぐ簡単にバッサリカットできると判断したものが車関係費と通信費でした。

 

まずは車です。車を持っているとだいたい毎月3万前後の維持費が掛かります。週末趣味に出かけることも無くなり、通勤も無くなったことによって私は車を手放すことができました。さらに前項と被りますが駅前の物件だと駐車場が非常に高いですし車は都内ではフットワークが重く邪魔な存在です。

車というものは交通インフラが整っている首都圏において嗜好品以外の何物でもありません。元々私は満員電車が超超超嫌いで車を手放すなんて絶対に考えられないという自他ともに認める超車派でしたが、ビジネスで結果を出すために不必要なものをシビアに削ろうとした時、真っ先に手放すべきものだと思ったのが車です。なぜなら車は負債でありあなたの家計からお金を抜き取っていく代表的な存在だからです。

今は嗜好品にお金を掛けている場合ではありませんし、そのお金を少しでも自分のビジネスへ投資したほうが早く現状を打破し成果を出すことができると思いました。手放すかものすごく悩みましたが、えいやっと手放しても別にそれほど不自由はしませんでした。今から考えたら一度しか無い人生を変えるために車を手放すなんてほんと些細な事でした。

また、車を持っているとどうしても無駄に出かけることが多くなります。今は殆どの買い物をネットで素早く済ませることが可能だと知っているのに、結局楽しい買い物に出かけ無駄な時間を使ってしまいます。そして外食も増えさらに時間とお金を消費していきます。首都圏は道がどこも混雑しているので移動コストも時間軸で考えると非常に高い(一般的なサラリーマンが一時間渋滞にハマると3,000円失うことと同じといわれている)ですし、運転ばかりで運動せず体が鈍りますから思考力まで衰えます。結果、人生変えたいサラリーマンは一時的に車を手放したほうが良いと私は思います。確かに電車代やタクシー代が掛かるようになりますが、車代からすると格安で済みます。

 

合わせて大手キャリアを捨てました。今3大キャリアと呼ばれているdocomo・AU・ソフトバンク回線を契約していると夫婦で毎月20,000円近く取られます。それを格安SIMに変えるだけで夫婦で4,000円以下に抑えることが可能になります。それなのに多くの人達が未だに大手キャリアに無駄な固定費を払い続けています。私はそのような現象が謎で謎で仕方ありません。この高額な通信回線維持費こそ現代の代表的な負債と見ることができるからです。

3大キャリアは端末購入代金を毎月キャッシュバックするなどして実質負担額の低減をアピールしていますが、あんなカラクリに騙されてはいけません。個人ユーザーが元々あんなに高額な料金を払う必要はどこにもないのです。3大キャリアは全国規模の巨大な組織を動かすため普段から割高な回線維持費をユーザーから税金のように徴収することで莫大な富を得て、その一部だけを税金還付のようにキャッシュバックしてお得だと謳っているだけです。まるで会社員が支払う「健康保険や厚生年金は労使折半でお得ですよカラクリキャンペーン」のようなものですね。

これらの固定費を見直さずに放置する行為は金持ち父さん風に言えば「お金持ちはお金を払って資産を買うが、貧乏人はお金を払って負債を買う」という格言そのままだと思います。あなたが今お金の面で苦労しているのなら、まずはこの負のスパイラルから抜け出すことを考えましょう。

 

こうして車代とスマホ代を見直すことで毎月5万円ほどの固定費を捨て家計を改善させることができました。そして浮いたお金を全てビジネスに投資していきました。その結果投資したお金が何倍にも大きくなって返ってきました。

将来、十分に手持ち資産からのキャッシュフローが増えたときに、また好きな車を買おうと思っています。まぁ4年落ちぐらいの中古が資産運営上適正ラインですかね。

⑤マスメディア

私はマスメディアを捨てました。

あなたのビジネスが軌道に乗るまでは、テレビもラジオも新聞もR25も全てのマスメディアと呼ばれるものに目的もなしに触れる必要はありません。時間がもったいないので今すぐ全て排除して下さい。

まずは新聞です。株や時事ネタブログなどをやっているのでもない限り、サラリーマン愛読紙といえる日経新聞は必要ありません。今すぐ解約して下さい。日経新聞以外は「いわずもがな」です。あなたのスモールビジネスを立ち上げるという大事な時に、意味も目的もなく企業の業績を把握しようと目を通すデータ収集など競馬新聞購読と殆ど同じ行為です。どことどこの会社が何馬身離れていて…なんて話はどうでもいいのです。新聞を読みながら朝ご飯を食べる知的なお父さん像など今すぐぶっ壊して目を覚まして下さい。

3面記事を賑わす政治やニュースもどうでもいいです。オリンピックの開催地などに毎回ハラハラしなくてもいいです。国会審議や新法案決議や世界の紛争の話なども小市民であるあなたが気にかける必要は全くありません。そんなことがあなたの人生に何か影響するわけではないのです。以前の私のようになんとなく不安だからと高尚ぶって新聞を読むのはもう止めて新聞代をビジネス書籍購買に充て目の前の作業に集中して下さい。

 

テレビも捨てましょう。テレビはプッシュメディアの代表ですからあなたが求めてもいない情報が随時飛び込んでくるのですが、テレビ放送は8割以上がふざけたプロパガンダ+使い古されたオンボロ商品マーケティング+国民愚民化娯楽エキスなどを垂れ流しているだけですから、触れているだけであなたの脳が汚染されていきます。マーケティングを学ぶ意識もなく「NHKの朝ドラ」を見て感動している場合ではありません。意味もなく「世界の車窓から」を見て癒やされている場合でもありません。今すぐコンセントを抜きましょう。(笑)

ラジオも必要ありません。雑誌も必要ありません。残念ながらこの国の表の世界にはあなたの人生観を深めてくれる真のジャーナリズムなど存在しませんから、あなたにとって害はあっても益はほぼありません。大した教養も深まりませんから今は離れておきましょう。そうして一旦全て捨ててみてから、自分のビジネスを作るために必要だと感じたリソースのみ厳選して情報を取り入れるようにします。

本当の情報は隠れたところに存在します。それにマスメディアの最新ニュースを追いかけるよりも「過去に起きたこの国を含めた世界中の労働者と権力者がどういう戦いをしてきたのかという歴史」を学ぶことのほうが遥かに有益です。そして生きるためのWEBマーケティングをきちんと身に付けてから、必要に応じてマスメディアのやり方を学ぶために要所要所を後々参考にしていきましょう。

そうすることで最速で成果を出すことが可能になります。

 

⑥自分の人生にプラスの影響を与えない人間関係

私は自分の人生を豊かにしないと判断した人間関係を捨てました。

多くの人達が生きていく中で様々な人間関係を作っていきます。小中高時代の同級生や大学時代の友人、バイト先の友人、恋人、職場の人たち、家族、親戚、趣味仲間、etc…。

人は会うだけで同調し合いその人から影響を受ける動物だと言われています。これをミラーニューロンというのですが、よく人生に全く前向きでない人いますよね?人は誰でも浮き沈みがあるものですが、人の悪口ばかり言ったり、誰かに頼ってばかりで自分では何も努力しようとしなかったり、いつも何かに対して愚痴ってばかりの人。こういう人たちと時間を共有すると大きなことを成し遂げたいと願うあなたにとってその関わり自体が悪影響となります。

誤解なきよう補足しておきますが、その人達が決して人として間違っているわけではありません。でもあなたと目指すべきもの、価値観が違い話が合わないのならもう会うことを止めて下さい。例え学生時代に意気投合した馴染みの相手だったとしても、あなたが成長したことによって話が噛み合わなくなることは多々あることです。あなたの今の考えを理解し共感してくれて、時には同じ目的に向かうために別の視野から見た意見もくれるような人を探し付き合っていきましょう。そのためにはやはり最低限の礼儀というか思いやりの心は持っていないと人は離れていく一方ですからお気をつけ下さい。

このようにあなたが叶えたい夢へのステップを駆け上る過程で付き合う人が変わっていくのが普通です。これは職場の人間関係だとどうしようもないのですが、プライベートならどうにでもなります。

人間、本当に信頼できる仲間が数人いれば孤独を感じることはないと昔からいわれていますから躊躇することはありません。

⑦見栄

私は見栄を捨てました。

現状を打破したいサラリーマンが捨てるべき最優先事項がこの「見栄」です。もちろん根こそぎ捨てたわけではありませんが、この見栄に思考が支配されると判断力が鈍り、余計な時間とお金と資源と精神エネルギーを使ってしまいます。見栄」を張って何かをするという行動は一時の自己顕示欲を満たすためだけに多大なエネルギーを消費するということです。「見栄」=ロスですし、どんどん心が貧しくなっていくものが「見栄」です。

以前私は自分に全く自信がありませんでした。今でも自信などありませんが、昔は異常な見栄っ張りだったと思います。それは外観や持ち物、仕事、思考、価値観、行動、全てです。友人や後輩にも奢りまくってましたし、人に何かを聞いたり頼んだり貰ったりすることも極力避けて意地張って見栄張りまくってました。(笑)

「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」という有名なことわざがありますが、あれも見栄っぱりだと一生恥かくよという戒めの1つですよね。なのに私は短絡的に恥をかかないために見栄張って、結果沢山恥をかいてきました。

そして気付きました。「見栄張る必要ないぐらい自分自身を磨いたほうがカッコいい」と。気付いたキッカケは、ある会合である資産家が私に対して言った次の一言でした。

「本当に実力あるやつはこういう集まりにユニクロで来るな。靴は時に長靴だし。でもオーラで分かるわ(笑)」

私は衝撃を受けました。私は普段ユニクロも良く着ていたので安い服の代名詞に使われ軽くショックを受けましたがそうではなく、もはや格好などに気を使う必要もないほど自分に自信があって大きなことをやっている格好良い人物像が明確にイメージできて「俺もそんな男になりたい」と思ったからです。「あれ?俺、今、格好良いと思ったな…長靴が??」いやいや、そんな堂々としている極端な男像に、自分の価値観・人生観の片鱗を見つけることができたのです。

 

こうして「小さな見栄から大きな見栄までかき消す力だ理想の男子像~♪♪」とヤン○マー○天気予報ソング風の生き字引的イメージを手に入れた私はどんどん見栄を捨てていきました。見栄を捨てる決意が固まったからこそ、上に挙げた6項目もクリアできたようなものです。その結果人生がどんどん変わっていきました。自分で言うのもなんですが、収入も貯金額も人間力も俯瞰力も人生観も人としての奥行きが以前よりもどんどん深まっていったのではないかと思います。今まで本当にくだらない小さなことに一生懸命エネルギーを使っていたことが悔やまれますね。

あなたも不安や不満に思っていることを打ち砕いて問題解決したいのなら、真っ先に見栄を捨てましょう。高級時計や新車やブランド服を買うのはもう止めましょう。そうして浮いたお金を資産構築に回して下さい。そうすれば筋トレのコンパウンド種目のようにあらゆるところに効いてきますから、その人生を変える効果は絶大です。

以上、「副業で本業以上の収入を手に入れるために私が捨てた7つのこと」でした。

断捨離ポイントのまとめ

世の中にはノーリスク・ハイリターンなどありません。現状を変え何かを得たいのなら必ずリスクを取る必要があります。上の7項目のように何かを捨てることもリスクの1つですが、殆どの人が何も捨てられないまま決断を先延ばしにして無意識で現状維持を選び、結果何も変われないまま毎日を消耗しているのです。

第一、現代人は太りすぎです。それは肉体の贅肉だけでなく支出の贅肉(浪費)もそうですし、情報の贅肉(ゴミ情報)もそうです。あれも欲しいこれも欲しいで欲にまみれてしまい本人の気付かないうちに「大して重要でもない余計な事」を抱え込み過ぎなのです。上に挙げた「私が捨てたこと7項目」も普通に思考停止してサラリーマンやっていたらどれも捨てることは難しいのですが、理想の人生を送ろうと決意した瞬間に不必要になるものばかりです。

 

今ワールドカップのアジア最終予選やってますよね。

人生を本気で変えようという時に、サッカーの世界で生きていくもしくはその試合が人生を決定付けるわけでもないのに呑気にワールドカップの予選など見ている場合ではありませんよ。それでは世の中の9割の人間と同じ時間の使い方・行動パターンです。あなたは大丈夫ですか?現状に不満を感じているのなら、まずは勇気を出してその小さな快楽を捨てることからはじめましょう。

超有名な格言

「何かを得たいのならまず何かを捨てなさい」

当たり前過ぎる当たり前の言葉です。当たり前すぎてみんな忘れているようですが、あなたの持つ袋の大きさは決まっています。今要らないものでパンパンになっているのなら新しいことを得ることは難しいです。

あなたの人生を本当に豊かに生きるために必要なものだけを選んで下さい。そうしてフットワークを軽くしていきましょう。頭で分かっていても実行できない9割の人間をごぼう抜きにしてあなたの望む未来を一緒に掴みに行きましょう。

本業を超える収入を手に入れた今感じること

それではこれから平凡なサラリーマンが地道に取り組んできたネットビジネス副業で本業月収を抜いた時に感じた素直な感想を述べたいと思います。

プレッシャーを感じる

まず、正直40万という数字に大きなプレッシャーを感じています。

なぜならこれだけのお金を沢山の人が私に直接的にせよ間接的にせよ支払ってくれた訳で、アドセンスメインの趣味ブログでさえ、それぞれ皆さん私を通してご自身の悩みを解消することはできたのだろうか?望みを叶えることができたのだろうか?という疑問です。

現在私の趣味ブログの月間総pv数は50万pvほどで、これだけ多くの人に読んでもらえるようになった以上、自分の把握していないどこかで自分の発した文章表現が人を深く傷付け悩ませているかも知れませんし、その時の自分のバイオリズムから滲み出た精一杯の言葉や感情がエゴ丸出しだったかも知れません。

 

ネット上に文字を残すということは一定の責任が伴います。ずっとそこに創造物が置かれるわけですから。もしあなたがネット上に生み出した仮のキャラを持っているのなら、そのキャラの行動に責任を持たないとキャラの発したことによって時に人生を左右される人がいるかもしれないということを意識しておいたほうが良いと思います。

改めて思う事は、ペンは剣よりも強しという言葉です。身体の傷は時間と共に癒やされますが、心が受けた傷が癒されるのには時間が掛かります。だからこそたとえネットの世界だろうと好き勝手に一方的に発信しては世の道理に反することになり永続的な経済活動が崩れてしまうのではと強く思います。これはオカルトや道徳の授業の話などではなく自分の経験則から思うことです。

今後はより一層慎重に創造活動を展開していくべきだと思いました。

覚悟しておく必要があると感じる

大きなお金を生み出すウェブサイトを持っているということは多くの人の目に自分の存在が常に晒されているということであり、もしかしたら本業の会社に属している人間が見ていないとも限りません。私は個人を特定されるような情報は一切出してはいないのですが、勘の優れた方なら気付くかも知れません。

そうして私の副業がもし会社にばれた時、私はどうするだろうか?養う家族もいる身としては本業を捨てることはハイリスクです。しかしここまで大きく育てた副業を捨てる訳にもいかない。どこかで腹をくくっておく必要があると思っています。

はっきりいって不安です。でも先に進まないと人生の望みを達成する事はできませんし、ビジネスは自己責任が伴うプロフェッショナルな仕事という自覚がないとどこかで怠惰な自分が現れ堕落していきます。仕事人は大きく収入が膨らんだ時、その意味も考えず、油断し、手を抜いた時点で負けだと思っています。

本業超えしたとしても油断せず、いつ本業が無くなっても耐えられるように引き続き地道に努力を重ねていきたいと思います。

全力を出しているか不安になる

私はまだ1万円も稼げていなかった時はとにかくハングリーでした。不安で不安でいっぱいでした。だからこのままずっと弱者として奴隷のように働かされ続けてたまるものかと現状を打破することに燃えていました。10万未達の時も「ちくしょー」と泣きそうになりながら、でも楽しくがむしゃらにやってました。

しかし副業収入が本業を超えるまでになった今はどうだろう?俺は本当に100パーセントの力を発揮できているだろうか?ベクトルは大丈夫だろうか?人を喜ばせているだろうか?これは単なるバブルなのではないのか?虚像なのではあるまいか?という自問自答に陥ります。

だからこそ初心に帰ってみます。

  • なぜ私はリスクを冒してまで副業を始めたのか?
  • なぜネットビジネスだったのか?
  • なぜ趣味ブログだったのか?
  • 自分の人生の目的は?
  • 今資産が10億円あって10年しか生きられないとしたら今の仕事をしているだろうか?
  • どんなことに向かって生きて行くことが幸せだろうか?
  • どんな人達と付き合っていきたいのだろうか?

そんな思考回路が駆け巡った時私が読む本があります。
「座右の銘」という本です。この本にはあらゆる人間活動の様々な場面に対して歴史上の偉人達が残した最適な答えが集められている私の大好きな本です。人生に迷ったときや不安になった時にこの本を読むと、こんがらがった頭の中の糸が少しずつほぐれていく気がするのでいつも側に置いています。もう意味もなく撫でたくなるほど愛でている可愛いペットのような分厚い本です。(笑)

このように自分のビジネスが大なり小なり花を咲かせた時、油断してその目の前に映る綺麗な花だけを見るのではなく、落ち着いて「花を咲かせることになった広義の上での土壌の部分、つまり自分自身の価値観や人生観」にこそ目を向ける必要があり、そうして改めて「食うための本業と自己実現のための副業の違い」を認識し、副業の中でこそ自分の本当に叶えたい夢、願いを誤魔化すことなく開放し仕事に打ち込んでいくことが大切なのだと思います。

そうしたことを潜在的に分かっていながらも実行できていないからこそ不安になり自信が無くなっていくので、何度でも自分のビジネスの原点に帰ってこの世界に飛び込んだときの気持ちを忘れないようにしていきたいと思います。

そうすることが今感じている不安をかき消す力になっていきます。

やはり自分は小さいと感じる

副業収入が大きくなってきた今だからこそ思う重大なこととして「本業の会社を作り今も維持している人たちは凄い人たちだな」と思ったことでした。つまり組織ってすげぇなということです。従業員の家族を含め明日住む家と飯を維持できているのは組織の持つ力だと思います。

確かに会社というところは誰より頑張ってもなかなか給料は上がらない。でも頑張らなくてもある程度の生活水準は保つことができる。そしてそんなやつが実際会社の8割を占める。なのに組織体は一つの生き物のようにちゃんと回っていく。

こんな不思議で複雑なシステムを生み出した会社の創業者たちの努力や情熱に、自分のビジネスで様々な壁にぶち当たり悩み苦しみ経験を積んだ今だからこそ尊敬の念を感じてしまうのです。こんなこと以前は無かったことです。

 

日本人と中国人を比べた時、個人個人では日本人は中国人のパワーには敵わないが集団同士であれば日本人は中国人の何倍もの力を発揮して強いと何かの本で読んだことがあります。だから日本全体が上昇傾向だった高度経済成長の時代は組織体が消えることはないから個人が組織を利用していくことは理に適った生き方だったのだろうなと思うわけです。

そう考えると私の親世代から祖父世代までの人達が取ってきた行動は時代にマッチした生き方だった訳で、現代のネット社会を生きる私達世代が親世代を批判するのはお門違いなんだろうなと最近思い始めています。

だからこそ不思議なもんで、今は会社を作った人たちやネットビジネス副業という環境・インフラを整えてくれた人たち全ての努力人に対して感謝の気持ちが溢れてきています。私はもう精神がじじぃになってしまったのでしょうか??

最後に

かなり長文になってしまいました。お付き合いありがとうございました。

最後にあなたに伝えたかったことは「努力はやっぱり報われるんだ」という確固たる思いです。「決して諦めない」ただその一言です。

時代は変化していきます。特にネットの世界は毎日目まぐるしく変わっていき、昨日の常識が今日の非常識になるなんて日常茶飯事です。

だからこそ激動の毎日をそれこそ生まれたての赤子のような好奇心いっぱいの目で見て、フレッシュな思考で判断し、ダイナミックな毎日のイベントに対し人として素直に感謝しながら、潜在意識で鍛え上げた直感力で体当りして乗り切ることにしようかなと思います。

その前に次の目標を決めなきゃな…。

追記 反響が沢山ありました。ありがとうございます。

この記事を公開した後、メルマガ読者から沢山の反響があり多くのメッセージを頂くことができました。

少々過激だったかな?と思っていた私の心配をよそに「そうだ!」という声が多く寄せられ、とても嬉しく思います。

持っているカードは人によって違うため選択する手段は各々変わると思いますけれども、基本的な心構えとして「捨てる」を含めた何らかのリスクを取るという行動はあなたの人生を変えるキッカケになりえます。

 

人はだれでも無駄なもの(情報含め)に囲まれていると五感が鈍りますから自分の本当の声や願いが分からなくなるものです。私は以前、バックパッカーなど憧れはするものの人生の貴重な時間を無駄に浪費してしまっている人種だと思っていたクチでした…。

しかし今の私がバックパッカーになって一人旅をしたら人生哲学のキャッチングパワーが増大している時ですから旅先で出会う沢山の物事を極端なポジションから捉え、そうした世界から自分の価値観を見つめ直すことになり、激動の人生を生きるための大きな教訓、大きな収穫を得られるのではないかという気持ちになっています。こんな気持ちになるのも私がまだまだ青二才だからだと思いますけど。許してください(笑)。

これからも焦らず地道に、時にダイナミックにビジネスやっていきたいと思います。

 







hobby‐blog‐manual

「インターネットビジネスの経験無いけど今日から趣味を生かした資産ブログ作りを始めたい!」

そんなあなたの願いを形にしました。こちらの記事に書いてあることを全て実行すれば誰でも副収入を生み出す本格資産ブログを持つことができます。
さらに簡単シンプルで分かりやすいと大好評のオリジナル趣味ブログ作りビギナーズブックを登録特典として2種類プレゼント中です。

PROFILE


オフサラリーマンやってます。
会社員やりながらの副業趣味ブログ運営で
本業収入を超え、順調にオフサラ進行中です。
【運営ブログDATA】
運営ブログ月間MAX総アクセス数:70万PV
1ブログ1日MAXアクセス数:41,000PV

ご案内メニュー

  • このサイトの目的
    会社に頼らず、経済的に自立したいと願うあなたへ。
  • ビジネスを進めていく上で必須となるスキルを学ぶテキストです。
  • お問い合わせ
    あなたのメッセージをお待ちしています。
  • みんなが読んでいるオフサラメルマガ。優しい資産化ブログ作りのマニュアルを無料で差し上げます。
  • アドセンス講座
    まずはGoogleアドセンスでお金を生み出しましょう。
  • 目次
    全記事・サイトマップです。

プロ並みのブログデザインをあなたへ

TCD014AN2
500pv/日 未満の人必見!ため息を付くほどの美しく完成されたデザインによりサイトカスタムに時間を取られずに成果を出せることが特徴のWordPressテーマTCD014「AN」です。デザインはプロに任せましょう!
あなたが設定に迷わないようにAN専用の設定オリジナルガイド特典を作りました。皆様から大好評です。

愛着あるブログを育てたいあなたへ

WordPressテーマ「Logue (tcd020)」

噛めば噛むほど味が出るブログテーマはこれ!極力無駄を省いたシンプルデザインでありながらシリーズトップクラスの編集機能を併せ持つwordpressテーマTCD020「Logue」です。私のお気に入りテーマです。
あなたが設定に迷わないようにLogue専用の設定ガイド特典を作りました。皆様から大好評です。

瞬く間に人気ブログスタイルが手に入る

WordPressテーマ「Logue (tcd020)」

人気ブロガー御用達!「あっ楽しそう!」と一瞬で思わせる人気ブログ仕様が遂に登場。ブロガーが欲しい機能が全部入りのTCD自信作。それがWordPressテーマTCD036「MAG」です。私も瞬く間に惚れました。
多くのリクエストを受けてMAG専用の設定ガイド特典を作り公開しました。

キーワード選びに疲れたあなたへ

トップスカウター234-60

副業趣味ブログの命であるキーワードを効率よく拾っていくことのできるスペシャルツールです。持ってないと他のアフィリエイターに差をつけられてしまいます。